マッサの木工館 本文へジャンプ
ニュージーランド、先住民マオリの人達の民族楽器「カレカレ」

ニュージーランドの先住民マオリの伝統楽器「カレカレ」を復元しました、ハワイの「ウクレレ」とルーツは同じですが、マオリ族の「カレカレ」は3弦でキーポジションは同じです。現在はウクレレが主流で「カレカレ」は衰退してほとんどなくなりました、ニュージーランドでもマオリの歌はギターの伴奏で歌います。最近この国を旅行しましてマオリの人に歓迎の歌(ハワイのアロハオエのような歌)「ポーカレカレアナー」と言う歌を教えて頂きました、歌詞の最後の文章では「フィティアロハオエ」と歌います、ハワイの歌と同じルーツを持ったマオリの人達だとお解かり頂けると思います。
 最近テレビのコマーシャルでもこの歌が流れているようです、この「カレカレ」楽器伴奏でマオリの歌を歌っています。
 この3弦楽器をもっと本物に近いように復元したいと考えています。
 写真の「カレカレ」はウクレレを改造したのでニュージーランド、ラグビーのオールブラックスに因んでブラックに塗装しましたマオリの人達は楽器に色々絵柄を描くそうです。